ココロとカラダをたまには甘やかしてうつ病を回避

カウンセリングでらくになりました

カテゴリ

うつ病について

相談

うつ病発症と現代日本人との関係について説明しています。そして、うつ病の典型的な症状と、その主な原因について紹介しています。さらに、うつ病にならないために気をつけるべき3つのことについても記述しています。

More...

うつ病の早期治療

投薬

うつ病になると不眠になり、それが全ての悪循環を生むので、早期発見と早期治療が非常に大切と言われています。生活リズムを一定に保ちながら、健康的な生活が送れるように自ら工夫していくことも大切ではないでしょうか。

More...

 

ピックアップカテゴリー

笑顔の男性

予防や工夫

現代はストレス社会であるためうつ病は決して珍しくありません。しかし病気にならないために予防することは可能であります。人に話を聞いてもらう、うつ病になりがちな思考を断ち切るなどの方法があります。

真顔の女性

うつ病について考える

うつ病で悩んでいる方は、とても多くいます。最近は会社でも、うつ病の理解が高くなってきていますので、仕事をしている方で症状が発生した場合は、早めの治療を心がけると良いでしょう。

笑顔の男女

理解を深める

うつ病は家族が理解し、ゆっくりと治療に専念できる環境を作ることが大切です。日本のみならず世界でも患者が多く深刻な問題となっています。また、新型うつ病もあり、若い世代から高齢者まで深刻な問題となっています。

うつ病にかかったら

もし、うつ病についてなにか知りたいことがあるのでしたら、まずはこちらをご覧ください。いろいろな対策が紹介されています。

うつ病にかかったら

空を見上げる女性

うつ病にかかったら、まずゆっくりと休むことが大切です。 なるべく周囲の助けを借りるようにしましょう。 そして早い段階から専門医療機関の治療を受けてください。 うつ病の治療方法には主に薬物療法と心理療法があります。 薬物療法と心理療法を併行させていくというのも良いでしょう。 うつ病にかかりやすい人は、性格的に判別できるといわれています。 几帳面で真面目な人や、完ぺき主義的な人、神経質な人などがあげられます。 一言でいえば、誠実で堅いタイプの人が危ないといえるでしょう。 心あたりのある方は日ごろからストレスを溜めないなどの注意が必要と言えるでしょう。 ストレスは種類があり、精神的なものもあれば、身体的なものもあります。

ストレスと向き合うこと

ストレスには身体的なものと精神的なものがあり、それも生活の中で、幾つものストレスに枝分かれしているといえます。 小さなストレスも、溜まれば大きなものとなりますので、大切なことは、小さなストレスを少しずつ解消していくための工夫です。 例えば1日に1度、意識的に美しい音楽、好きな音楽を聴くというのも、ストレスを軽減しますし、仕事の合間にさっと体を動かすこと、入浴すること、人に優しくすること、自分に自信を持てるように努力することなども、ストレスに良いといえるでしょう。 ようするに、充実した生活、バランスのとれた生活を送ることが出来れば、必然的にうつ病は解決していくといえるでしょう。うつ病にかかったらすることについての考察でした。

うつ病で辛いときは

うつ病で辛いときは、何をすれば良いでしょうか。 うつ病が進行していくことで、発作的にパニックのような状態を引き起こすケースがありますが、 そのとき、人は不安で押し潰されそうになります。生きてるこの瞬間が苦痛になり、今すぐに死ななければいけないような状況を、自分で作り出してしまう危険性があります。 そのような時には一人でいることそれ自体が生命の危険となりますので注意が必要です。 家族と一緒に住んでいたり、友達や恋人がそばにいる人は良いでしょうが、一人暮らしで友達も恋人もいない人がうつ病になると、かなり危険といえるでしょう。 うつ病を患った場合、自分の症状を甘く見ずに、すぐに周囲の人間や家族に助けを求めましょう。

辛いときのために

うつ病になりやすい人は、真面目でお堅い性格の人ですが、そのような人で自覚症状がある人は、辛いときのために事前対策をしておくと良いでしょう。 辛くて息苦しいパニック状態に陥ったときに、何をしていいかわからないと自傷に走ったり、自殺行為をしたりするケースもありますので注意が必要です。 信頼できる他者、多くは家族と思われますが、そのような人をそばに置いておくというのも重要です。いざというときには、一人でいると危険ですが、他者の存在があれば少しは安心できるものです。 人の優しさや愛情に救われるということもありますし、なによりも、そのようなパニック症状は長く続くものではありません。ゆっくり休養してストレスの原因を取り除くことで快方へと向かうでしょう。