ココロとカラダをたまには甘やかしてうつ病を回避

うつ病について考える

うつ病の症状について

真顔の女性

最近はうつ病が社会にも認知されてきている傾向があります。 一昔前は「うつ病」は、なまけ者の言い訳のように思われていた事も ありますが、現在のストレス社会では精神疾患になる方が とても増えてきています。 この病気の症状としては、さまざまな内容になりますが、 気持ちの部分での代表的なものは、思考停止、ものごとの決断ができない、 不安になる、無気力になるなど、健康な時とは違う状態になることが多くあります。 また、身体の症状としては、食欲が無くなる、睡眠障害、倦怠感、頭痛、 午前中に調子が悪い(午後・夕方は回復する)のようなものがあります。 原因もさまざまですが、疲れている時に症状が発生することも 多いので、単なる疲れと思ってしまう場合もあります。 体調が2週間程度悪く、上記の症状がある場合は、 念のため、うつ病を疑うのが無難です。

早めの診察が重要

うつ病の治療は、症状が出た場合になるべく早く 病院で診察を受けることが大切です。 また、体と心に十分な休養をとり、ストレスを取り除くことが大切です。 脳を休ませるために、睡眠をたっぷり取ることも大切です。 うつ病の場合、睡眠障害で「眠れない」という場合も多くあります。 その場合には、医師が睡眠導入剤などを処方してくれることが 多いので、使用するのも方法です。 この病気にかかり始めた方の中には、自分がうつ病になっていることを 認めたくないために、病院で受診することを嫌う方もいますが、 放置しておくと、症状がどんどん悪化しますので、 早い段階で病院に行くことが大切です。 うつ病はすぐに治る病気ではありません。 仕事があるので休んでられないと思うかもしれませんが、 早い時期に病院を受診して、じっくり治療することが大切です。