ココロとカラダをたまには甘やかしてうつ病を回避

予防や工夫

うつ病を予防するには

笑顔の男性

ストレスが多い現代社会ではうつ病は決して珍しい病気ではありません。街中にも心療内科まどメンタルのクリニックが増えてきているようです。うつ病が疑われるならクリニックへの受診が必要となります。しかしできれば病気にはなりたくないというのが多くの人が思っているところでしょう。うつ病は予防することは可能であります。まずは人に話を聞いてもらうことが何よりの予防になります。あるデータではかかりつけに精神科医をもつよりも話を聞いてもらう女友達をもっている人の方がうつ病になりにくいそうです。つまり愚痴を聞いてもらう友達がいると良いということです。また「たら・れば」をいつまでも考えて思考がぐるぐるする人も病気になりやすいそうです。この思考を断ち切る方法をもつといいでしょう。

工夫して多くのメリットが得られる

今は決して珍しくないうつ病。しかし病気にならないように予防したり工夫したりすることは可能であります。今回はその工夫についてお伝えします。うつ病に陥りがちな思考に、あの時こうしておけば良かったとかなぜあんなことをしてしまったのだろうと、「たら・れば」の思考を繰り返すことが多いそうです。それを断ち切る工夫をすると予防が出来ます。どんなことをすれば良いかといえば、冷たい水で手を洗う、香りの良いお茶を飲む、好きな音楽を聴くなど本当に簡単なことで良いので試してみることです。そして大切なのはそれがうまくいかなからといって諦めるのでなく、一つダメならまた次の方法を試してみるということです。ちょっとした気分転換がとても大切でその工夫をすることで病気を防げるのです。病気にならないことは精神的にも経済的にもメリットがあるのです。