ココロとカラダをたまには甘やかしてうつ病を回避

うつ病の早期治療

うつ病の早期治療

投薬

うつ病は早期治療が大切と言われています。 なぜなら、うつ病は悪循環を生みやすいからです。うつ病になると悲観的になりますが、悲観的になると不眠になったり、飲酒に走ったりするわけです。 不眠や飲酒は、セロトニンのような神経伝達物質を減らします。そうして外出しなくなって、暗い気分で部屋に閉じこもるようなことが増えると、今度は食欲不振にもなります。 そうすると必要な栄養素が不足するため、身体的にも衰弱していきます。 このようにうつ病というのは、負のスパイラルを生みやすいので、早期発見、早期治療が大切なのです。 また日ごろから体を動かす習慣をつけるというのも大切で、特にデスクワークの方や、主婦の方などは、積極的に体を動かすと良いでしょう。

生活習慣の大切さ

生活習慣を改めるということは、うつ病にかぎらずとも、あらゆる生活習慣病の予防となります。1日3食のバランスの良い食事、適度な運動、十分な睡眠、良好な人間関係や経済状態など、それらを目標として日々を過ごすだけでも、十分にうつ病の予防となるでしょう。 ただし頑張りすぎないこと、完璧を目指さないこと、欲張り過ぎないこと、これらはうつ病にならないためにも、非常に大切なことですし、物事というのは、何事もほどほどが良いということは、やはり一つの真実なのです。 一方で究極を目指す人も必要ですが、そのような人は職人やアーティスト、一部のビジネスマン、などでしょうが、彼らは健康的な身体や精神状態を代償として、抜群の成果を残す傾向にあるようです。