ココロとカラダをたまには甘やかしてうつ病を回避

うつ病について

ストレスが与える影響ついて

相談

うつ病とは、現代日本の社会問題の1つに挙げられるほど、深刻な問題だと言われています。高度成長期を経て、日本人の多くは忙しい毎日を送ることを当たり前のように捉えていました。その反面、こうした生活の中で過剰なストレスを抱え、心にゆとりを持つ習慣を失った人も多くいました。その結果、精神や肉体のバランスを崩し、うつ病を発症する人が増加していったとされています。 うつ病を発症すると、常に憂鬱で、何をしても楽しめない状態になります。その上、今まで興味があったものに対しても関心を失い、やる気が起こらないようになります。そして、食欲を失い、慢性的な疲労感を感じるようにもなるのです。このように、深刻な症状を引き起こすうつ病は、今後もその患者数を増やし続ける可能性が高いと言われています。

うつ病の原因とその予防法について

では、うつ病を発症する原因について考えていきます。原因については、今だはっきりとした解明がなされていないのが事実ですが、いくつかの要因が関連して発症するとされています。そうした中でも、過度のストレスはうつ病発症の大きな原因になります。ストレスは、日常生活のあらゆる場面にあります。日常生活によくあるストレスは、人体にほとんど影響はないと考えられていますが、過度のストレスは精神や肉体に悪い影響を与えるとされています。特に、人間関係や環境の変化などはその引き金になりやすく、うつ病発症の大きな要因になるのです。 深刻な症状を引き起こすうつ病は、日々のちょっとした行動で避けることができるとも言われています。そこで、うつ病にならないよう、日々気をつけるべきことについて紹介します。まず、思考パターンを変えることです。完璧主義を変え、心に余裕を持つことを心掛けます。さらに、バランスのとれた食事を摂取することです。特に、睡眠に関わるセロトニンの分泌を促す、肉類や納豆、乳製品などを積極的に摂取します。また、日光に当たることも有効であるとされます。気分転換もでき、うつ病予防につながると言われています。